WORK FLOW

設計業務のプロセス

建築プロジェクトは、クライアント様の事業計画とご要望、建築計画地の環境条件など、様々な要因を的確に分析し、多岐的な可能性を地道に積み上げる作業で成り立ちます。提案と協議を繰り返しながら、最善の選択を実行し、1つの「カタチ」をモデリングします。
モアブレーンは、厳格なプロセスに基づく高度な建築計画を具現し、クライアント様の事業展開を強力に支援します。

01.お問い合わせ・ご相談

メールフォームもしくはお電話からお問い合わせ下さい。
建築費や資金計画、土地取得などを含め、建築計画における様々な課題につきまして、ノウハウを踏まえてご相談をお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。

02.建築用地条件把握・現地調査

クライアント様が土地をお持ちの場合には、スタッフが法的規制の検討や環境調査(立地・交通・人の流れ・測量・土壌)を実施します。具体的な用地が未取得のケースでも、専門チームを編成してコンサルティングを行い、計画実現へのステップアップを支援します。

03.ヒアリング・設計業務契約・基本計画の策定

クライアント様より事業プランをヒアリングし、設計業務契約を行い、建築計画の方針を策定します。医療・福祉施設、商環境や産業施設、個人住宅など、領域に則した基盤コンセプトを軸に、多視点的かつ多様なプランを構築し、複数案を展開します。
プラン選出後は、クライント様のご希望と調査結果などの各種条件を踏まえ、基本構想とこれに伴う資金計画を策定します。

基本プランニング報告書(施設概要/施設規模/建築用地条件/関連法規:建築基準法・都市計画法・条例等/施設構成策定/資金計画:概算事業費・助成・融資等)

04.基本設計業務

基本構想をブラッシュアップし、平面・立面プラン及び主要設備系プランを作成します。意匠系展開では、クライアント様にイメージを把握していただくために、CGや立体図、模型を用いて効果的なプレゼンテーションを行います。また、基本設計に基づき、事業費の概算をご提示いたします。建築用地の活用、建築物本体の意匠・構造・設備、施設の各種部分プラン、インテリア、ランドスケープ、インフラ・エネルギーなど、各計画を関係者間の検討協議により順次策定します。また、この段階での確定事項により、関連官公庁との事前協議、施設開設の手続きなど、必要な公的手続きを開始します。

基本設計図書(基本設計説明書/基本設計図:構造計画・設備設計・インテリア設計・ランドスケープ設計・省エネルギー設計/工事費概算書/工事工程案)

05.実施・詳細設計

基本設計図書に基づき、施設建築工事用の実施設計を行います。施設の構造、意匠、ユーザビリティ、設備系など、細部を詳細に検討し、資金計画との整合を取りつつ、ベストな建築計画の具現を目指します。実施設計の進行に伴い、家具類や備品類、デザイン性の向上など、具体的な建築形状の決定が積み上げられます。また、関係官庁や確認申請機関等との打ち合わせも同時に進行されます。実施設計終了後は、図書がクライアント様へ提出され、これに基づき、工事施工者選定工程へと進みます。

実施設計図書(建築設計/構造設計/設備設計/インテリア設計/ランドスケープ設計/省エネルギー設計)・工事予算書・許認可申請(建築確認申請/各種事業付帯申請)

06.施工者の選定・工事契約

クライアント様から設計図面や工事スケジュールの最終的なコンセンサスをいただいた後、施工者の選定支援へと移行します。ご希望の施工者が特にお決まりでない場合は、複数社からの施工業務提案を受けるために、工事発注方式・業者選定方式の策定、現場説明、質疑応答など、各作業を支援します。提案参加業者から見積書が提出された後は、各事業者の技術力や工事金額など、提出書類の査定検査を実施し、クライアント様の工事施工者決定作業を支援します。決定した施工者は、発注図面の確認、着手関係書類の提出、工程・工期、工事代金支払条件などの諸事項を確定し、クライアント様との工事請負契約を締結します。

工事施工者選定支援(発注方式/選定方式)・見積用図書(現場説明書・質疑応答書)・見積検討書(工事見積書の査定)・工事契約書調印

07.工事監理業務・竣工・お引き渡し

実施設計図書に基づいた厳密な施工と工期厳守を原則として、工事監理業務を行います。工事監理は、実施設計仕様による建築構造や資材、機器類の仕様、施工品質などの随時確認や、追加・変更工事などに伴う設計や工期の変更、工事金額の変動の調整などの各種業務で構成されます。工事完了後は、クライアント様及び施工者との完成検査、監督官公庁の完了検査及び建物引き渡しへの立会を行い、建築プロジェクトの設計・工事フェーズの工程は全て完了となります。

監理方針策定/監理方針説明会/工事監理(工事運営・工程管理・施工管理・設計変更図・材料選定・工事費査定・色彩計画)/工事完了確認検査
※実施内容:既存建物解体/地鎮祭/地縄確認/施主報告/定例会議/現場検査/工場検査/施工図・施工計画書・施工要領書のチェック/審査機関による中間検査立合い

アフターケア

工事完了後は、主に施設のユーザビリティを中心とした一定期間のサポートと、1年経過を基準とした経年調査を実施します。経年調査は、施工者立会で行われ、その結果を踏まえて、長期修繕計画を組み立てます。瑕疵などの問題発生時には、施工者の対応をフォローし、メンテナンスを行わせます。また、分野によっては、施設の使用状況や法改正などに合わせたリニューアル、増改築など、将来性を考慮した支援計画も段階的に策定します。

お問い合わせ

お問い合わせ・ご質問等は、お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら